07:45 2020年12月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

2018年3月14日に亡くなったスティーヴン・ホーキング博士の遺品が競売に掛けられた。出品されたのは車椅子など。米AP通信が報じた。英ロンドンのオークションハウス・クリスティーズの競売には、計22点が出品された。

スプートニク日本

博士論文「膨張する宇宙の性質」のコピー5部のうち1部も出品された。

​予想落札価格は13万〜19万5千ドル(約1460万〜約2200万円)。

車椅子のスタート価格は1万3千ドル〜1万9500ドルとなっている。

関連ニュース

ホーキング博士が記した「超人」は実際の脅威なのか?

ホーキング博士の遺稿が発表される ブラックホールのパラドックスについて

タグ
科学, 宇宙, スティーブン・ホーキング
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント