10:35 2018年11月13日
ウーバー(アーカイブ写真)

Uber、「きれいな空気に対する料金」の徴収をロンドンで開始する計画

© REUTERS / Neil Hall
テック&サイエンス
短縮 URL
106

米企業Uberは2019年、すべてのタクシー運転手が2021年までに電気自動車を購入できるようにするため、乗客から追加料金の徴収を開始する予定。23日、Uberのダラ・コスロシャヒCEOが発表した。

スプートニク日本

ドライバーは1マイル(1.6キロ)毎に乗客から15ペンス(約21円)の所謂「きれいな空気に対する料金」を徴収することになる。英国の首都ロンドンを移動する場合は、タクシー料金が平均45ペンス(約65円)増える見込み。Uberは、これによってロンドンのタクシー運転手2万人以上が、電気自動車を購入するために追加のお金を稼ぐことができると考えている。Uberは2021年までにガソリ車の使用を完全にやめる方針。

関連ニュース

Uber・NASAが空飛ぶタクシー試作機を公開【動画】

トヨタ 自動運転車の製造にウーバーに5億ドルを投資 AP通信

タグ
テクノ, 健康, クルマ, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント