04:53 2018年11月16日
無人機(アーカイブ写真)

モスクワでシリアの武装集団の無人機が披露される【写真】

© REUTERS / Mike Blake
テック&サイエンス
短縮 URL
141

モスクワで、CIS諸国の防衛省の代表者による無人航空機の使用と対策に関する会合が開かれ、シリアの違法な武装集団の無人機が披露された。

スプートニク日本

ロシア軍参謀本部のアレクサンドル・ノヴィコフ無人航空機製造開発局長は、シリアの違法な武装集団の無人航空機が披露されたことを明らかにし、「その設計と製造技術に関心が集まった」と伝えた。

シリアではテロリストらが同国にあるロシアのフメイミム基地を攻撃する際などに無人機を活用している。

今年8月だけでも、基地の防空システムによって無人機47機が撃墜された。

関連ニュース

クラッシュテスト ドローンが時速383キロで飛行機の翼にぶつかればどうなる?【動画】

英、警官をドローン・ロボットに置換へ 「ノビチョク」被害受け

タグ
テクノ, 軍事, 武器・兵器, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント