05:40 2018年11月15日
アップルとサムスンに高額罰金 スマホ減速で

アップルとサムスンに高額罰金 スマホ減速で

© AP Photo / Charles Rex Arbogast
テック&サイエンス
短縮 URL
170

イタリアの反独占機関「競争・市場保護委員会(AGCM)」は、アップルとサムスン電子が新モデル購入を利用者に強いる目的で自社端末の動作速度を意図的に遅らせていたとして、両社に対し総額1500万ユーロの罰金を科した。

スプートニク日本

アップルに対しては、消費者の権利を侵害したとして500万ユーロの罰金が科された。同社は「iPhone(アイフォーン) 6」の所有者に対し、「iPhone 7」向けに開発された基本ソフト(OS)「iOS(アイオーエス) 10」について、大量の電力消費を必要とし、このことが古くなった端末の電源が突然切れる現象につながることを警告しなかったという。また、同社は「iOS 10.2.1」で修正プログラムを発行した際、バッテリーの稼働期間を延長させるため、同プログラムが人工的に端末の動作を遅らせることを利用者に通知しなかったとされている。

アップルに対しては、それだけではなく、バッテリーの状態に関するいかなる情報も消費者に提供しなかったとして、さらに500万ユーロの罰金が科された。

関連ニュース

信頼の危機 Appleのバッテリースキャンダルの行き着く先は?

古いiPhoneの性能低下をオフにできるように Apple

タグ
サムスン, Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント