05:40 2018年11月15日
上海

巨大都市の建築密度、住民の精神状態に影響

© Fotolia / Chungking
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が伝えているところでは、開放的な都市空間は都市住民の精神的健康改善を促進するものの、香港は公園の数で他のアジアの巨大都市に大きく後れを取っているという。

スプートニク日本

社会一般の人々が滞在できる開放的な場所を作り出すことは、建物が密集している各都市の住民の精神的健康を維持するために「非常に重要」な課題であると、香港のシンクタンク「市民交流政策研究所(シビック・エクスチェンジ)」は考えている。

同シンクタンクのデータによると、香港の住民は平均で2.7平方メートルの開放的都市空間に甘んじなければならなくなっている。シンガポールとソウルでは、この数字がそれぞれ7.4平方メートルと6.1平方メートルとなっているにもかかわらず、である。

報告では、「様々なタイプの開放的空間に対してより近い場所で生活している人々は、不安を感じることがより稀である」として、「その結果、開放的空間に近い場所で生活すると、ストレスが低減し、気分が改善する」と述べられている。

関連ニュース

日本人の7割が不眠 なぜ眠れない理由と対処法

タグ
健康, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント