04:53 2018年11月16日
ガン

発がんリスクは身長に関連するか

© Fotolia /
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

英国ロンドン王立協会の専門家らは、人の身長とその人の発がんリスクとの関連性を研究した。研究では、悪性腫瘍23種が対象として調べられ、その内の18種で、人の身長との明らかな相関関係が認められた。

スプートニク日本

発がんリスクは、細胞の突然変異の数と関係する。身長が高い人は、低い人よりも、細胞の突然変異の数が多いため、発がんリスクが高くなることが知られている。

専門家の研究では、身長が10センチ高くなる毎に、女性の発がんリスクは12%増加し、男性では9%増加することが分かった。

協会のサイトによれば、身長の高さと発がんリスクの相関関係が一番高いのは黒色腫(メラノーマ)のガンの場合。これは身長の高い人は、皮膚の面積も広いことに起因している。一方でや食道、口腔の癌では人の身との関係性は認められていない。

関連ニュース

人体に害を及ぼす恐れのある5つの人気食品【写真】

「安全な」プラスチックも生殖機能に悪影響の可能性

タグ
研究, 科学, 健康, ガン, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント