09:32 2018年11月18日
中国のアリババ集団のEC企業アリエクスプレス(AliExpress)

中国大手EC、人工衛星とミニ宇宙ステーションを打ち上げ

© Depositphotos / DzmitRock87
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

中国のアリババ集団のEC企業アリエクスプレス(AliExpress)は、ミニ宇宙ステーション「Candy Jar」と通信衛星「Tmall International」を地球の軌道に打ち上げた。ロシアメディアが報じた。

スプートニク日本

衛星によって、世界ショッピングの日である11月11日、サイト利用者が割引を得られると会社は説明する。11月11日は中国で独身の日にあたり、インターネット通販で大規模セールが行われる。セール開催中、アリエクスプレスの携帯アプリには「Candy Jar」の動きを追跡できる特別コーナーが設置される。居住国の上空に宇宙ステーションがいる瞬間に「Candy Jar」との写真を取った利用者は割引を得られる。

アリエクスプレスロシア代表のアントン・パンテレーエフ氏によると、写真にはかなり強いズームがかけられるが、写真で自分自身を見ることは難しい。また、衛星によりアリババのプラットフォーム「淘宝(タオバオ)」利用者は音声メッセージを送り、一種のラジオを放送することができるという。

関連ニュース

中国一の富豪 貧しかったあの頃が一番楽しかった…

ジャック・マー氏:米国は中国との貿易戦争でより苦しんでいる

タグ
びっくり, おもしろい, テクノ, 宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント