09:33 2018年11月18日
加齢による記憶力低下を予防することは可能=学者

加齢による記憶力低下を予防することは可能=学者

© Fotolia / Sudok1
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

米テキサス大学の生物学者らは、高レベルのコルチゾール(体のストレス反応に関与するホルモン)が、40歳を過ぎてからの記憶力や思考力にどのように影響するかを明らかにするために広範な調査を行った。

スプートニク日本

調査には、平均年齢48歳の2231人が参加した。参加者の脳は核磁気共鳴画像法(MRI)でスキャンされたほか、記憶力および抽象的思考力のテストが実施された。

学者らは毎朝、参加者の血中コルチゾール値を測定し、それをテストの結果およびMRIの画像と比較した。

結果、高レベルのコルチゾールは、記憶力の低下および脳の前頭葉の灰白質の減少と関連があることがわかった。

学者らは、適時に必要な予防措置を講じてストレスの悪影響を避けるために、定期的にコルチゾール値を測定することを提案している。

調査結果は、Neurology誌に掲載された。

関連ニュース

老化防止に効果がある食品はどれか 研究らが発表

学者ら、老化を遅らせる方法を発見

タグ
健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント