04:53 2018年11月16日
ハッブル宇宙望遠鏡(アーカイブ写真)

ハッブル宇宙望遠鏡が科学観測を再開

CC0 / Pixabay / Andrew-Art
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

軌道上に存在するハッブル宇宙望遠鏡の故障した予備のジャイロスコープの修理が完了し、科学観測を再開した。ハッブル宇宙望遠鏡のサイトで発表された。

スプートニク日本

米航空宇宙局(NASA)は3週間前、姿勢制御装置が故障したため、一時的にセーフモードに移行したことを明らかにした。

望遠鏡が一つの方向を「見る」のを助ける3台のジャイロスコープうち1台が故障した。

専門家らは、2009年にハッブル宇宙望遠鏡に取り付けられた予備のジャイロスコープを起動させた。その活動の正確性に問題が見つかったが、学者らは活動に適応させることができた。

関連ニュース

「ハッブル」、多数の銀河から成る独特の「宇宙の目」を撮影

NASA、月面飛行のため巨大望遠鏡WFIRST打ち切りの可能性

タグ
テクノ, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント