10:33 2018年11月13日
男女(アーカイブ写真)

幸せでもないのに何で別れられないの?

© Fotolia / Dmitrimaruta
テック&サイエンス
短縮 URL
120

米国とカナダの心理学者らが、カップルが幸せを感じていないにもかかわらず、なぜ別れられないのかを解明しようと、同時進行で調査を行った。その結果は米国心理学会のウェブサイトに公開された。

スプートニク日本

26歳前後の年齢の1348人を対象に10週間にわたって実施された最初の調査では、パートナーとの関係の変化について、相手との関係にどのくらいの労力を注いだか、別れた場合、相手からとんな反応が予想されるか、相手は自分の愛情を大事に思っているかという設問が出された。

もう一方の調査は平均年齢32歳の500人を対象に2カ月間にわたって行なわれたが、開始時点でそのうちの442人がすでに関係解消を考えていた。

2つの調査の結果、条件、状況の違いにも関わらず、一度カップルとなるとなかなか別れにくいことが明るみになった。関係解消に踏み切れない一番の理由は、相手を傷つけたくないというものだった。このことから研究者らは、人間は性格として、なんの見返りがなくとも、他人のために努力するものであるとの確信を強めた。

関連ニュース

英、世界初「自殺防止大臣」指名

米国で学者らがニューラルネットワークに給料の予想を学習させる

タグ
研究, 科学, カナダ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント