05:41 2018年11月21日
「ナイトウォッチ」

最新ブレスレット型センサー てんかん患者の突然死のリスク回避へ

© 写真: YouTube/TU Eindhoven/Livassured
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

てんかん患者の突然死のリスクを回避するため、国際的な研究者チームが、ブレスレット型の最新医療センサーを開発した。このブレスレットは、夜間に発生する重度のてんかん発作の85%を検出することができる。「ナイトウォッチ」と名付けられたこのブレスレットは、既存の装置の4倍を超える効果を発揮する。

スプートニク日本

夜間のてんかん発作の対応としては、ベットに内蔵されたセンサーによって痙攣の発作を感知するのが一般的だ。しかし、このタイプは感度があまり高くなく、危険を知らせるシグナルのキャッチが大きく遅れる可能性がある。こうした問題をふまえ、研究者らは、患者の腕に直接装着するブレスレット型センサーを開発した。患者に装着された超高感度の新型センサーは、てんかんの発作の動きのみならず、てんかんの前兆となる心拍数の増加にも反応する。

ブレスレットの使用テストでは、1カ月の間に1回以上の強い発作を起こした28人の患者が被験者として選ばれ、平均して65日間ブレスレットを使用して、その感度が調べられた。その結果、強直間代発作を伴うもっとも重度のけいれんで96%の検出率をはじめとして、深刻な発作は85%の確率で検出に成功した。研究結果は、米神経学アカデミーの公式ジャーナル『ニュアロロジー(Neurology)』に掲載されている。

関連ニュース

ポケモンGOが健康と家族関係を強化 調査結果発表

加齢による記憶力低下を予防することは可能=学者

タグ
健康, 研究, 病気, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント