19:03 2020年07月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本の自動車メーカーSUBARU(スバル)は、エンジン部品に問題があるとして、10万台をリコールすると発表した。共同通信が1日、報じた。

スプートニク日本

リコール対象車は、「インプレッサ」など4車種。エンジン部品に不具合があり、エンジンが停止する恐れがあるという。

なお不具合は報告されているが、事故は起きていないという。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント