23:42 2018年11月20日
遺伝学者、チョコが生まれた場所と時期を明らかに

遺伝学者、チョコが生まれた場所と時期を明らかに

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

地球初のチョコレートの祖国は現在のエクアドルだった。およそ5300年前に同地に住む人々はカカオの木の実を採集して摂取し始めた。研究結果は学術誌『Nature Ecology & Evolution』に掲載された。

スプートニク日本

チョコの発見と普及の歴史はトマトやジャガイモ、その他「新世界の贈り物」同様、長らく遺伝学者や歴史学者、考古学者の議論の種であり続けている。長年、最初の「バージョン」のカカオはマヤ文明で考案され、時期はおよそ3400年前だと考えられてきた。

だがカナダのブリティッシュ・コロンビア大学の遺伝学者らはエクアドルで発見された、およそ5400年前のものと推定される粘土製の食器と陶器製の破片を研究した。

研究チームは、カカオ摂取の伝統はエクアドルで、アステカ文明より1500年前(つまり今から5400年前)に生まれただけでなく、南から北へ、エクアドルからメキシコの方向へ普及した。

メキシコで後に、コルテスらコンキスタドールがカカオの豆を知り、チョコレートが人類共通の遺産になった。

関連ニュース

ブルームバーグ、ロシアにおけるチョコレート消費量の増加によるカカオ不足を予想

タグ
研究, 食品
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント