20:29 2018年11月15日
治療用の脳へのインプラントはハッカー攻撃の対象になる 研究者らが警告

治療用の脳へのインプラントはハッカー攻撃の対象になる 研究者らが警告

© Depositphotos /
テック&サイエンス
短縮 URL
225

神経症や精神病の治療用に脳の深部に電極を埋め込む技術について、学者らの間から、将来これがハッキングされ、人が操作される危険性があると憂慮の声があげられている。テレグラフ紙が報じた。

スプートニク日本

オックスフォード大学神経外科グループはロシアのカスペルスキー・ラボと共同で声明を表し、将来、人間の脳がハッカーの攻撃対象となりうるとの警告を発した。共同声明には、情報セキュリティの専門企業および健康管理の組織はこうしたハッカー攻撃を防御する技術開発を即刻開始するよう呼びかけている。

脳へのインプラントについては以前にも学術界から「会話能力を奪う、麻痺を呼び起こす他、脳を傷つけたり、ひどい場合は患者を殺す恐れもある」と警告が発せられていた。研究者らは、将来、ハッカーらによって脳への過度の負荷がかけられたり、システムが停止される事態が起きれば、脳自体が損なわれると考えている。

今回の共同声明には、ハッカーらは脳内インプラントを使って患者を操作するだけでなく、記憶を全て消去することも可能であり、そうした事例は現段階では起きていないものの、すべて時間の問題だと指摘している。

パーキンソン病やふるえ、鬱の治療に用いられる脳深部刺激療法では、埋め込み式のパルス発生器が使用される。この機器のコントロールは治療する医師のコンピューターまたは患者のスマートフォンを通して行われる。

関連ニュース

心臓ペースメーカーはますますサイバー攻撃の標的になっていく

タグ
ロボット, ハッカー, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント