04:56 2018年11月16日
韓国の兵士(アーカイブ写真)

韓国で小型軍用ドローン開発へ【写真】

© AFP 2018 / YONHAP
テック&サイエンス
短縮 URL
102

韓国国防省が、同国の企業「LIGネクスワン」と共同で、空中から目標を破壊するための小型サイズの軍用無人航空機(ドローン)を開発する。聯合ニュースが伝えている。

スプートニク日本

ドローンには、最大重量500グラムの弾頭1発が搭載される。ドローンの技術的特徴については、最長で40分間空中に留まることができ、通常の飛行機向けの従来の設計に基づいて製造されるということを除き、今のところ事実上不明。

ドローンは、プロペラが90度向きを変えることができるよう取りつけられた電気モーターを用いて作動する。これにより、垂直離着陸のほか、高速水平飛行を行うことが可能になる。

目標の破壊以外にも、偵察やパトロール任務を遂行できる性能を備える予定。ドローンが韓国軍に配備される時期については、明らかになっていない。

また、ウェブサイト「ディフェンス・エアロスペース・ドット・コム」によると、韓国国防省は2024年以降に人間の兵士とロボットによる混成の軍部隊を複数編制する計画で、人間の兵士を徐々にロボットに置き換えていく方針だという。

関連ニュース

タグ
テクノ, 無人機, 軍事, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント