10:32 2018年11月13日
火星

NASA、火星の土壌からロケットエンジン獲得へ【動画】

© REUTERS / NASA/JPL-Caltech
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01

火星への有人飛行で鍵となるのは、地球帰還用に必要な十分な量の燃料だ。宇宙船の重量は極めて制限されているからだ。NASAは火星でロケットエンジンを得るよう提案した。

スプートニク日本

NASAの専門家は火星の土壌「レゴリス」から水を得て、後に電気分解で水素と酸素に分解するシステムを考案。その後システムは火星大気から取得した炭素と水素を結びつけ、ロケットエンジンとして利用可能なメタンができる。システムの正式名は「In Situ Resource Utilization (ISRU)」。詳細な説明はサイト「IEEE Spectrum」に掲載された。

関連ニュース

NASAの最重要歴史遺産、管理の甘さで紛失

NASAの飛行士、ISSに行けなかった理由を理解できず

タグ
火星, テクノ, 科学, 宇宙, NASA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント