20:58 2018年11月17日
学者

モスクワ大学の生物学者ら 化学療法によるがん細胞の自滅の瞬間のキャッチに成功

© Fotolia / Bogdanhoda
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70

モスクワ国立総合大学の分子生物学者らは、広範に用いられている抗がん剤シスプラチンのがん細胞の死滅させる方法を調べようと、がんが自滅した瞬間にその細胞核を摘出することに成功した。研究結果は、英科学誌『サイエンティフィック・レポート』に掲載された。

スプートニク日本

『サイエンティフィック・レポート』によると、モスクワ大学のボリス・ジボトフスキー教授は「この発見で、がん細胞への化学療法薬の働きについて、知識のすそ野が広がり、既存の抗がん治療の有効性を高めることができる」と語っている。

化学療法を用いてがん細胞を叩く方法は2通りある。1つはがん細胞のDNAを損傷させ、がんを自滅させる方法。もう1つは、がん細胞の増殖と分裂を抑制する方法。いま世界では生物学者たちによってその両タイプの製剤の働きについての研究が積極的に進められている。

関連ニュース

「不老」ネズミの遺伝子でマウスの寿命延長 人間にも適用できるか?

研究者らが早期の肺癌診断システムを開発

タグ
健康, 研究, ガン, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント