04:52 2018年11月16日
人工知能

「20世紀フォックス」やGoogle 大当たり映画の予見にAI使用

© Fotolia / Jim
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12

米映画会社「20世紀フォックス」や「Googleクラウド」で働くビックデータの専門家らは、映画予告編を分析し、映画の観客動員を予見できるフソフトを使用している。

スプートニク日本

プログラム「マーリン( Merlin)」は予告編のフィルムやテンプレートを分析し、映画がどのジャンルのものかを理解することができる。 「マーリン」はピクチャーをスキャンし、「鬚の男」「ピストル」「乗用車」といったクリシェをカウントし、映画が戦闘、犯罪ドラマかコメディー映画かを判断する。「マーリン」にとっては長時間で人間の顔が大きく映し出される予告編は劇作映画で、場面がスピーディーで次から次へと切り替わる場合は戦闘映画と判断される。

そのあと、「マーリン」は独自の映画の分類メソッドと映画鑑賞者がそれまで見見た映画の履歴データーを使い、その人が次の映画の切符を買うかどうかを判断する。このシステムは2017年から機能しており、「20世紀フォックス」はどんな映画を制作するか、どう販売すれば効果があがるかの判断を行っている。

関連ニュース

IBMのAIが新世代の香水造りを可能に【動画】

アマゾン、女性差別があったため、人事を決める際にAIの使用を中止へ

タグ
人工知能, びっくり, おもしろい, テクノ, 映画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント