05:45 2018年11月21日
露、アバターロボットを用いた月探査を計画

露、アバターロボットを用いた月探査を計画

© Sputnik / Said Tzarnaev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

ロシアが自国の月探査計画の一環として、長期間にわたって使用できる繰り返し滞在可能な基地を月面に建設し、複数のアバターロボットを用いて月を探査していくことを計画していると、同国国営宇宙公社「ロスコスモス」のロゴージン社長がスプートニクに対して明らかにした。

スプートニク日本

ロゴージン社長は、「計画されているのは正に、長期基地の建設だ。もちろん、この基地は人が常に居住するものではないものの、一時的な滞在を繰り返し行えるものとなる。だが、基本的に今回の計画では、複数のアバターを利用するロボット化されたシステムへの移行が行われる。これらのアバターが、月面での課題を解決していく」と述べた。

ロゴージン社長は、ロシアによる月への有人飛行(同国の宇宙飛行士による初の着陸は2030年の予定)開始から本格的な基地の建設までにどれ程の時間がかかる可能性があるかについては、詳細を明らかにしなかった。

先に、ロゴージン社長はスプートニクに対し、宇宙空間で使用する機械設備を直接月面で修理するための部品を3D印刷するための材料として、月の土壌を利用できる能力の習得をロスコスモスが計画していると語っていた。

関連ニュース

「ロスコスモス」、2019年はロケットの打ち上げ倍増へ

NASAの最重要歴史遺産、管理の甘さで紛失

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント