06:59 2018年11月16日
NASAの宇宙探査機、太陽に記録的な距離まで接近

NASAの宇宙探査機、太陽に記録的な距離まで接近

© 写真: NASA, GSFC/Solar Dynamics Observatory
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

太陽コロナを観測するための米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機パーカー・ソーラー・プローブが5日、太陽に初めて記録的な距離まで接近した。5日、NASAが発表した。

スプートニク日本

NASAはツイッターで「我々のパーカー・ソーラー・プローブは、すさまじい熱と放射線に直面しながら、米東部標準時間で22時28分ごろに太陽まで1500万マイル(2400万キロ超)の距離まで近づき、太陽との初接近を成し遂げた」と伝えた。

NASAによると、パーカー・ソーラー・プローブは、時速34万3000キロで移動している。

パーカー・ソーラー・プローブは太陽に最も接近した際に、およそ摂氏1990万度を「耐え抜いた」という。

パーカー・ソーラー・プローブには多数の器具が装備されており、それらは「太陽による火傷」から同探査機を保護するための耐熱シールドの下に設置されている。

NASAによると、パーカー・ソーラー・プローブからの最初の画像は、12月に地球に送信される。

関連ニュース

「ロスコスモス」、2019年はロケットの打ち上げ倍増へ

NASAの最重要歴史遺産、管理の甘さで紛失

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント