04:57 2018年11月16日
長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型

中国で、露中の長距離ワイトボディー機の模型が披露される【写真】

© REUTERS / Wu Jin/Southern Metropolis Daily
テック&サイエンス
短縮 URL
140

ロシアと中国の航空機製造会社は、中国で6日に開幕した珠海航空ショーで、共同開発している長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型を披露した。通信社スプートニクの特派員が伝えた。

スプートニク日本

披露されたのは、コックピットと3種類のクラスの座席の実物大模型。模型の長さは22メートル、高さは6.5メートル、幅は5.9メートル。

ファーストクラスの座席は2列、ビジネスクラスは3列、エコノミークラスは4列で、エンターテイメント・システムを備えており、内装は中国やロシアのスタイルでデザインされている。

基本型CR929-600の最長航続距離は1万2000キロ、座席数は280席。また長胴型CR929-700や短胴型CR929-500もつくられる予定。

  • 長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型
    長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型
    © Sputnik / Zhanna Manukyan
  • 長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型
    長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型
    © Sputnik / Zhanna Manukyan
  • 長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型
    長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型
    © Sputnik / Zhanna Manukyan
1 / 3
© Sputnik / Zhanna Manukyan
長距離ワイトボディー機CR-929の実物大の模型

関連ニュース

韓国で小型軍用ドローン開発へ【写真】

操縦士が乗客から隠そうとする真実

タグ
飛行機, 露中関係, テクノ, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント