05:41 2018年11月21日
オランダで、通勤ラッシュ対策のために「コワーキング列車」開発

オランダで、通勤ラッシュ対策のために「コワーキング列車」開発

© 写真: Mecanoo architecten
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

オランダの鉄道事業者は、車内で乗客が落ち着いて仕事ができるコワーキング列車のデザインを考案した。Euro-Pulseが伝えた。

スプートニク日本

目的は、ラッシュ時の混雑解消。乗客は通勤しながら正式に仕事を開始することが可能となるため、一部の人々は出社時間を遅くしたり、退社時間を早めることができる。

コワーキング列車には、仕事をするための机(座って仕事ができる机と、立って仕事ができる机)や、会議室が設置される。

プロジェクトは、2021年までに少なくとも部分的に実施される計画。

関連ニュース

日立が世界初のAI内蔵ATMを開発 狙いは詐欺対策【写真】

Drive:中国は新たなミサイルСМ-401で、地域的な権威を主張する意向【写真】

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント