03:16 2018年12月18日
インスタグラム

こころの健康へのインスタグラムの危険性が明らかに

© AP Photo / Marcio Jose Sanchez
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

米ペンシルバニア大学の心理学者らは、長時間のSNS利用が孤独感を高め、うつ病につながると明らかにした。

スプートニク日本

研究結果は学術誌『Journal of Social and Clinical Psychology』に掲載された。

実験にはフェイスブックやインスタグラム、スナップチャットを活発に利用する大学生143人が参加。

学生は2グループに分けられた。第1グループは通常通りの時間をSNSに費やした。

第2グループは各SNSの利用時間を1日10分に抑えた。実験は3週間に渡った。

研究を率いた学者は「SNSへの注意を減らせば、ヒトは孤独感が少なくなるということは皮肉だ。この説明はすでにいくつかの専門家が行っており、原因は無意識下の比較だとする仮説を立てている。例えばインスタグラムで他者の人生の出来事を見ている時、その人物は、他の人々が自分より良く生きていると感じられるのだ」と述べた。

関連ニュース

うつ病と統合失調症…伝染する?!

タグ
健康, 医学, インターネット, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント