03:17 2018年12月18日
エン・マックレイン飛行士

米宇宙飛行士 露「ソユーズ」は安心できると太鼓判

© Sputnik / Shamil Zhumatov/Reuters/POOL
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

1か月後に宇宙船ソユーズに乗って国際宇宙ステーションに向かう第58次長期滞在クルーのNASAのエン・マックレイン飛行士は、ロシア製宇宙船は信頼できると確信を示した。AP通信が報じた。

スプートニク日本

マックレイン飛行士は宇宙飛行には100%の安全は決してあり得ないと語る一方で、過去2回、ソユーズの発射が不成功に終わったのは偶然の一致にすぎないと指摘している。

マックレイン飛行士は、自分の仕事がリスクを伴うことに家族は慣れたと語り、息子にも目的達成のためには自己犠牲も厭わない姿勢を教えたいと述べている。

AP通信によれば、マックレイン飛行士は12月3日に国際宇宙ステーションに向かう。次期クルーにはロシア、カナダの飛行士が参加する。

関連ニュース

「ロスコスモス」、ソユーズ宇宙船打ち上げ失敗の原因を発表

「ソユーズ」 事故後、初の打ち上げで衛星の軌道投入に無事成功 露国防省

タグ
科学, 宇宙, 露米関係, NASA, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント