03:15 2018年12月18日
ミニ氷河期が地球に到来する可能性=NASA

ミニ氷河期が地球に到来する可能性=NASA

© AP Photo / John McConnico
テック&サイエンス
短縮 URL
222

記録的に低い気温を伴う長く寒い冬のサイクルが地球に訪れるかもしれない。NASAの研究者らが、太陽の活動を新たに研究した結果をもとに警鐘を鳴らした。サイト「Space Weather」が報じた。

スプートニク日本

太陽活動周期は太陽の黒点の出現頻度と活発度に関係している。ピーク時には数百個の黒点が観察される。鎮静期には黒点は非常に少ないか、欠如している。現在、黒点の活動は記録的に低く、低調傾向は保たれていると、ラングレー研究所のMartin Mlynczak氏は語った。

​太陽活動のレベルは地球の熱圏の気温に直接影響する。熱圏は高度80〜90キロから800キロまでの大気の層。

黒点の活動がさらに減少すると、記録的な寒期につながる可能性がある。また、通信やナビゲーションの動きにも影響するという。

関連ニュース

気候変動レポート 地球は救える 迅速に行動すれば

氷山の分離が増加 そのデータを研究者らが1つの動画にまとめる

タグ
研究, 自然, 環境
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント