17:08 2018年12月15日
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)

アップルのクックCEO、「iPhoneの使用時間が減った」と告白

© AP Photo / Richard Drew
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

アップルの最高経営責任者(CEO)を務めるティム・クック氏は、自身のiPhoneの使用回数が減っていることを明らかにした。米新興メディア「アクシオス(AXIOS)」が報じた。

スプートニク日本

クック氏は「以前は頻繁に端末を使用していたが、今となってはその回数も減った」と述べている。同氏はメッセージの通知量を減らすことで携帯端末に費やす時間を減らすことができると指摘。

米FOXニュースによると、ユーザは平均して12分に1回の頻度で通知を確認している。英放送通信庁「Ofcom」実施の調査では、78%の英国民が「携帯電話抜きの生活は想像できない」と回答。一般に、年配層の端末使用時間は2時間28分であるのに対し、18~24歳の若年層の場合は3時間14分を超える。

今年6月、アップデートされたiOS12の新機能として「スクリーンタイム」が追加された。日本での正式アップデートは9月18日だった。この機能により、ユーザは自身がそれぞれのアプリケーションにどれほどの時間を費やしているのかが一目でわかる。

関連ニュース

アップル、映画撮影に着手へ メディア報道

ザッカーバーグ氏、フェイスブック職員にiPhoneの使用を禁止

タグ
iPhone, Apple, ティム・クック, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント