03:20 2018年12月18日
中国で、遺伝子を人為的に書き換えられた女児が生まれる HIVに対する免疫を持つ 世界初

中国で、遺伝子を人為的に書き換えられた女児が生まれる HIVに対する免疫を持つ 世界初

© Depositphotos / Photo_life
テック&サイエンス
短縮 URL
0 38

中国人研究者He Jiankui氏は、人為的に書き換えられた遺伝子を持つ双子の女児が生まれる手助けをしたと主張している。

スプートニク日本

研究者によると、双子の女児の遺伝子は、ゲノム編集技術「CRISPR」の新しい方法を使って改変された。AP通信が報じた。

Jiankui氏は「改変の本質は、体にヒト免疫不全ウイルス(HIV)に対する免疫を与えることにある。このような突然変異は、人々の中で自然に見られるが、非常にまれである」と述べた。

Jiankui氏は「この実験の責任を感じている。実験を行ったのは、同分野の第一人者であるためではなく、そのような研究の道を切り開くためだ」と言及した。

Jiankui氏
© AP Photo / Mark Schiefelbein
Jiankui氏

なお、双子のうち1人のしかるべき遺伝子のコピーは改変されたが、もう1人は、一つのコピーが書き換えられただけで、HIVに対する免疫は獲得しなかったという。

大勢の研究者は、このような実験を行うのは時期尚早かつ危険であり、医療倫理に反していると発表した。

関連ニュース

中国、世界初の「ゲノム編集」臨床実験

タグ
研究, 科学, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント