19:41 2018年12月19日
ニュージーランド(アーカイブ写真)

ニュージーランドの北島と南島が地震で接近

© Depositphotos / CreativeNature
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

ニュージーランドの北島と南島の距離が、2016年11月に南島カイコウラで発生したマグニチュード7.8の地震以降、縮まっている。科学ニュースサイトStuffが伝えた。

スプートニク日本

ニュージーランドの研究機関「GNSサイエンス」が設置したGPS(位置情報計測システム)は、当初、北島と南島が35センチ接近したことを記録したが、その後も両島は動き、接近が続いた。また地震により、南島沿岸部のネルソン市は、地盤が20ミリ沈降したという。

GNSサイエンスの地質学者ロブ・ラングリッジ氏は、その結果25カ所で断層が形成された2016年の地震を、最も強い地震の一つだと指摘した。

ニュージーランドは、インド・オーストラリアプレートと太平洋プレートがぶつかりあう場所に位置している。ニュージーランドでは、年間さまざまな規模の地震が1万5000回以上発生している。

関連ニュース

タグ
怖い, びっくり, 科学, 地震, 研究, ニュージーランド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント