19:43 2018年12月19日
地球

「私たちは気候変動を止められる最後の世代」=国連世界気象機関事務局長

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12

世界気象機関(WMO)のターラス事務局長はポーランドで今週開催中の気候サミットで、世界の年平均気温の変化に関するデータが示唆するところ、現在の世代は気候変動に影響し得る最後の世代だと発表した。

スプートニク日本

WMOのデータでは、今年の世界の平均気温は全観測史上最も暑い年の1つになる。

今年は観測史上4番目に暑い平均気温となると見られている。気候学者が指摘するところ、これは気候変動の徴候をはっきりと示している。

平均気温が最も高い20年は最近の22年で観測されている。さらに最も暑い4年は直近4年だ。

ターラス事務局長は「私たちが最大限に気候変動を認識する最初の世代であり、これに対して何かできる最後の世代であることを、もう1度思い起こすべきです」と述べた。

関連ニュース

トランプ大統領、気候変動によるGDP縮小についての報告書を信じず

地球温暖化、人種差別根絶を後押し?研究結果

タグ
自然, 科学, 環境, 地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント