19:41 2018年12月19日
ロボット「T-HR3」

トヨタ、ヒューマノイドロボット「T-HR3」の遠隔制御に成功【動画】

© 写真: Toyota Motor Corporation
テック&サイエンス
短縮 URL
130

トヨタ自動車のロボット製造部門「トヨタ・パートナーロボット」がNTTドコモと共同で、ネットワーク技術「5G」を用いて最大で10キロ離れた距離からオペレーターがロボット「T-HR3」を制御することを想定した実験に成功した。ウェブサイト「エンガジェット」が伝えている。

スプートニク日本

「T-HR3」はこれまで、有線による接続によってのみコントロールされていた。オペレーターが乗り込んだコスチューム型システムがロボットに接続され、オペレーターが動作をすると、ロボットはその動作を再現する、というものだった。今回は、データを送受信するモジュールをロボットに接続。これによって、ロボットを遠隔制御することが可能になっている。

このような制御方法は、ロボットの身体のバランスを理解したり、ロボットの各部分の協調や、視界に捉えた人間や他の対象に接触する際の力をコントロールしたりすることを可能にしている。

同サイトは、このロボットの遠隔制御について、5G技術と、より広帯域のデータ送信チャンネルが実現した後になってようやく可能になったと指摘している。12月6日には、ロボットのデモンストレーションが東京で行われる。

関連ニュース

スタンフォード大、ロボットに触覚を与える手袋を開発【動画】

日本企業、顔認識システム改良用超リアルお面を開発【動画】

タグ
おもしろい, ロボット, テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント