18:39 2018年12月16日
宇宙

月にロシア基地が現れる時期が明らかに

© Sputnik / Anton Denisov
テック&サイエンス
短縮 URL
152

ロシアは2036〜2040年の間に本格的な月面基地を展開する計画だ。露国営宇宙企業ロスコスモスとロシア科学アカデミー宇宙評議会の合同会議決議案による。

スプートニク日本

決議案によると、月面基地の活動は「大型荷物の調達と月面施設を様々な科学実験で満たす」ことから始まる。

決議案では、本格的な月面基地とはどのようなものか具体的な記載はない。だがロスコスモスとロシア科学アカデミーの作業班が2014年に出した提案には記されている。その提案によると、月面基地は宇宙飛行士の滞在のために生命維持システムと放射線防護を備えたモジュールと地球モニタリングセンターなどを含む。

11月29日、2025年末には基本モジュールの打上げから月軌道上にロシア国家基地建設を開始する予定だとわかった。

関連ニュース

露、アバターロボットを用いた月探査を計画

ロシア 月面有人着陸を計画 2030年代初めには実現へ

タグ
研究, 科学, テクノ, 宇宙, ロスコスモス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント