18:39 2018年12月16日
ペストまたは「黒死病」

中世ペスト大流行の発症地は西ウラル 研究者らが解明

© Fotolia / Royaltystockphoto
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

中世ヨーロッパで発生したペスト、別名「黒死病」の大流行は、中央アジアと西ウラルからの交易ルートで感染が広がった。国際研究者グループは、バイオインフォマティクス解析をベースに、このような結論に達した。

スプートニク日本

ペストの大流行は、1346年から1353年にかけてヨーロッパやアジア、北アフリカ、さらにグリーランドで広まった。当時、ペストによって約6千万人が犠牲になった。

研究者グループは、フランスやベルギー、オランダ、ノルウェーではじめてペストが流行した当時の埋葬地でウィルスを発見し、ペストマップを作製した。

研究者らは、それらの分析と、古代ヨーロッパの墓地で発見されたウィルスと歴史的データの比較を行った。その結果、ペストの流行は、商人たちが荷を運んだ中央アジアまたは西ウラルから延びる交易ルートを通じて広がったという結論に至った。

関連ニュース

京都大、世界で初めてiPS細胞をパーキンソン病患者の脳に移植

カリフォルニア大、アルツハイマー病の新薬を発表

タグ
研究, 科学, 歴史, 事故, 病気, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント