17:08 2018年12月15日
探査機「キュリオシティ」(アーカイブ写真)

火星で謎の光る物体が見つかる

Photo : EPA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

探査機「キュリオシティ」は火星表面で光る鉱物に似た奇妙な物体を見つけた。キュリオシティの「ミッション」をテーマにするNASAのブログで発表された。

スプートニク日本

「リトル・コロンゼー」(編注:コロンゼーはスコットランド北にある島)と名付けられた謎の物体は以前、キュリオシティのカメラが捉えた画像に写っていた。

スザンヌ・シュウェンザー博士は「私達がさらに良く観察しようとしているサンプルの1つがリトル・コロンゼーです。計画班は、これが光っていることから、隕石の可能性もあると見ています」と述べた。

だが実質は外見とは異なる可能性がある。物質の特定には化学分析が必要だと、シュウェンザー博士は付け加えた。

キュリオシティの作業開始日は2012年8月6日。その日から、キュリオシティはかなりの距離を踏破し、地球に火星からの素晴らしい写真を多く贈った。

キュリオシティの動力源は放射性同位体熱電気転換器(RTG)。プルトニウム238の崩壊熱から電力を得る。

関連ニュース

探査機インサイト、太陽電池を無事展開 火星から新たな写真も送信【写真】

米国の宇宙スタートアップ企業、月に「ロボット地質学者の群れ」を送る計画

タグ
びっくり, おもしろい, 火星, テクノ, ロボット, 宇宙, NASA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント