04:20 2018年12月14日
「ソユーズMS−11」宇宙船

10月の事故後初、有人ロケットがISSに打上げ【動画】

© Sputnik / Alexey Filippov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

3人の宇宙飛行士が搭乗する「ソユーズMS−11」宇宙船を載せた「ソユーズFG」ロケットが3日昼、カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打上げられた。スプートニク記者が伝える。

スプートニク日本

搭乗する宇宙飛行士はオレグ・コノネンコ氏(ロシア)、デイビット・セイント・ジャックス氏(カナダ)、アン・マクレーン氏(米国)の3人。約6時間後にはISSに到着予定だ。

前回10月11日、「ソユーズMS-10」宇宙船を載せた「ソユーズFG」ロケットの打上げでは事故が発生。搭乗するアレクセイ・オフチニン氏とニック・ヘイグ氏はカザフスタンに緊急着陸した。

有人宇宙船「ソユーズ」打上げで35年ぶりに起きた事故だった。国の委員会は事故の原因をセンサーの不具合だと発表した。

関連ニュース

米宇宙飛行士 露「ソユーズ」は安心できると太鼓判

「ロスコスモス」、ソユーズ宇宙船打ち上げ失敗の原因を発表

タグ
宇宙, NASA, ロスコスモス, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント