20:11 2018年12月17日
「ファルコン9」ロケット(アーカイブ写真)

スペースXの「ファルコン9」ロケット第一段、初めて着陸に失敗 海に落下【動画】

© Flickr/ SpaceX
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0

米宇宙開発企業スペースXは日本時間6日03時16分、補給船を搭載した「ファルコン9」ロケットを国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げた。

スプートニク日本

だがファルコン9ロケットの第一段は、着陸予定地点のケープ・カナベラルの宇宙基地ではなく、大西洋に落下した。

スペースX社のイーロン・マスク氏によると、ロケットの姿勢を制御するグリッドフィンの油圧ポンプが故障したという。なおマスク氏は第一段について、損傷していないように見えたとし、地上に引きあげられる予定であることを明らかにした。

The Vergeによると、ファルコン9ロケット第一段の着陸は、過去12回すべて成功しており、失敗したのは今回が初めて。The Vergeは、今回使用されたのはこれまで打ち上げられたことのない新しい第1段だったと指摘している。

一方、スペースX社のドラゴン補給船を打ち上げるという主要任務は成功した。ドラゴン補給船はISSへ向かっている。ドラゴン補給船には食料、研究用物品、機材など2.5トンの貨物が搭載されている。ISSとのドッキングは12月8日に予定されている。

関連ニュース

タグ
テクノ, ロケット, 宇宙, ISS, イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント