18:40 2018年12月16日
インターネット

年内にネット利用者数が初めて世界の人口の半数を超える=国連

© Depositphotos / DragonImages
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

人類は包括的情報社会実現に向けた重要な一歩を成し遂げた。国連電気通信連合(ITU)はスイス・ジュネーブで7日、今年中に世界のインターネット利用者は39億人となり、世界の総人口の半数を超えると発表した。

スプートニク日本

「ITUの算出では、2018年末までに世界人口の51.2%もしくは39億人がインターネットを利用する」

これを受けてITUの趙厚麟事務総長は、年内にネット利用50%の境に到達するとして、「より包括的な世界的情報社会に向けた重要な一歩だ」と指摘した。

ITUによると、現在「ほぼ全ての地球人口、96%がモバイルデジタルネットワークの圏内に生活」している。コンピューターは先進国に住む83.2%の家庭が所有し、発展国では36.3%の家庭が所有している。

関連ニュース

国連:温室効果ガス排出量、記録的な水準に達する

グーグル社員ら、中国での検索エンジン「ドラゴンフライ」始動に反対表明

タグ
テクノ, インターネット, 国連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント