12:04 2018年12月13日
アンボイナガイ

世界でもっとも危険なカタツムリの生態に迫る

© 写真 :
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

アフリカの紅海からフィリピンにかけた沿岸の浅瀬では、珍しいカタツムリを見ることができる。この軟体生物の細長く美しい貝殻は旅行者の目を惹くが、しかし、この「小さな猛獣」には人間を死に至らせる毒があり、触れるのはとても危険だ。

スプートニク日本

この軟体動物の名はアンボイナガイ。

アンボイナガイは、魚やワーム類、貝やイカなどの軟体動物が近づくと、口の中から歯を伸ばし、相手に食らいつく。歯を通して伝わった毒で獲物はたちまち麻痺し、その後、アンボイナガイにゆっくりと飲み込まれる。

コウモリ
© AFP 2018 / Pascual Soriano / NATURE MAGAZINE
このカタツムリに刺されると、人間でも意識喪失や局部麻痺、心臓の機能障害を発症する恐れがある。海中でアンボイナガイに刺された被害者の救助がしばしば間に合わないことがある。

関連ニュース

学者が9900万年前のカタツムリの遺骸を発見

米国 11歳の少年の皮膚の下で巻貝が育つ

タグ
健康, びっくり, おもしろい, 動物, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント