17:44 2019年01月21日
「はやぶさ2」

小惑星リュウグウに着陸したローバ、電力不足で「お休み状態」

© AFP 2018 / Akihiro Ikeshita
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星リュウグウに着陸した小型ローバ2台が電力不足により通信ができない「お休み状態」にあることを明らかにした。

スプートニク日本

この小型ローバは、小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載され、9月に「はやぶさ2」から分離、リュウグウに着陸した「ミネルバ2-1」。

JAXAによると、2台は日陰に入り太陽光発電ができず、電力不足で通信ができない状態にあるとみられている。なお季節が変わったら復活する可能性があるという。

関連ニュース

宇宙からの普通の画像が、ネット興奮の錯視画像に変身

ESA・JAXAの推進モジュール、最初の「自撮り写真」を宇宙から送信【写真】

タグ
宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント