17:46 2019年01月21日
ニール・アームストロング

NASA長官 月への宇宙飛行士の回帰を明らかに

© 写真: NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12

NASAのジム・ブライデンスタイン長官は有人月面モジュールの建設コンクールの開始と、2028年に宇宙飛行士を月への回帰を明らかにした。長官のこの声明はNASAのサイトに公表されている。

スプートニク日本

ブライデンンスタイン長官は、「地球の軌道ですでになされている協力の例にのっとって、この先の月研究および火星旅行のために我々のパートナーシップをほかの国、民間企業と拡大する。

月への宇宙飛行士の回帰は一度きりのことに終わらせてはならず、これは月面開拓の建設物への第一歩とならねばならない」と述べている。

トランプ大統領が2016年、大統領選挙に勝利した後、NASAの主たる課題には有人の宇宙開発と月への人類の回帰が挙げられた。

関連ニュース

米国の月面着陸 露「ロスコスモス」長官が事実検証を提案

露エネルギア社、月周回旅行を提供する用意ある

タグ
研究, 科学, テクノ, 宇宙, NASA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント