11:36 2019年07月22日
テイラー・スウィフト

米歌手テイラー・スウィフトさんのコンサートに顔認識システム ストーカーのファン対策で

© AP Photo / Invision/Amy Harris
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

米カリフォルニア州で5月に開催されたカントリーポップ歌手テイラー・スウィフトさんのコンサートで、ストーカーのファンを追跡するため顔認識システムが導入された。音楽誌『ローリングストーン』が報じた。

スプートニク日本

同誌によると、顔認識カメラが設置されていた売店ではスウィフトさんのリハーサル風景が中継されていた。

ビデオを見に来た人たちはカメラの撮影対象となり、画像はその後、ナッシュビル市にあるデータ管理を行う「コマンドセンター」に送信され、スウィフトさんに迷惑をかけている「ストーカー」のデータベースと比較された。

ストーカーのファンを検出した場合にどういった対応が行われたかは不明。

技術系ウェブサイト「ザ・バージ」によれば、主催者はコンサートがプライベートイベントであるときはこうした顔認識システムを導入しうると強調している。

関連ニュース

日本企業、顔認識システム改良用超リアルお面を開発【動画】

顔認証で授業を真面目に聞かないとすぐバレるように 中国学校

タグ
おもしろい, テクノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント