00:41 2019年11月19日
ミサイル駆逐艦「ロス」(アーカイブ写真)

米海軍のサーバーに中国人ハッカーが侵入 過去1年半で数度も

© 写真: U.S. Navy/Robert S. Price
テック&サイエンス
短縮 URL
0 07
でフォローする

米海軍は、中国人ハッカーらからここ1年半、米海軍およびその請負業者のサーバーへの侵入が幾度も図られており、そのうち10回は侵入を許してしまったことを明らかにした。

スプートニク日本

ウォールストリートジャーナルの報道が役人や安全保障の専門家の発言を引用して報じたところによれば、ハッカーらの盗んだ情報にはミサイル計画、船舶のサービスデーターなどが含まれている。

ハッカーらは複数の請負業者のシステムへのアクセスに成功している。報告によれば、中小企業数社はネットの侵入を防ぐためのリソースを持っていなかった。

一例として挙げられているのが2018年初頭のハッキング。このときは

米潜水艦で使用する「超音速対戦ミサイル」の製造プラン盗まれていた。この他、ハッカーは諸大学の軍事調査ラボを標的にしていた。

関連ニュース

中国ハッカー、南シナ海の対立関連の米企業を攻撃

ハッカー集団「ロンドン・ブルー」、自らによる潜在的被害者5万人のリストを作成

タグ
事件, 事故, テクノ, ミサイル, 武器・兵器, ハッカー, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント