02:09 2019年09月23日
人工知能(AI)

AIは2019年どうなる? 5つの予測

© Depositphotos / AndrewLozovyi
テック&サイエンス
短縮 URL
2018年の話題を総括 (64)
162
でフォローする

「フォーブス」誌の人工知能(AI)の今後の予測についての記事に、企業アドバイザーとして有名なバーナード・マー氏が見解が発表された。マー氏は「2018年、人工知能(AI)はいたるところに存在した。AIがこの先12カ月で消えてなくなることを待たないでほしい」と語っている。2019年にニューラルネットワークに何が起こるか、マップ氏が5つの予測を立てた。

スプートニク日本

「フォーブス」誌によると、(1)世界政治、中でも特に米中がますますAIへの関心を高める。マー氏は、政治家が言論の自由への制限や敵対者への圧力としてAIを活用する危険性を指摘している。

(2)AIはより透明性を増す。ニューロネットワークの導入で社会は「ブラックボックス問題」に直面する。人々は、技術がどのように、そして何のために機能するのか十分理解できないためにテクノロジーを信頼することが困難になる。2019年に我々は、AIがより身近で明確になる様を目の当たりにする。

(3)AIはさらにビジネスの分野にも進出する。我々はまず人事管理やさまざまな生産プロセスの最適化、さらに、法律分野での活用などでニューラルネットワークのが活用される様子を見ることとなる。

(4)AIによって、多くの雇用がなくなる一方で別の多くの雇用が創出される。米IT調査企業ガ-トナー社は、オートメーション化により180万人が失業すると予測。レジ打ちや荷物の運搬員などの分野はすでにテクノロジーの能力を信頼することができ、これにとってかわられつつある。逆に医師や法律家の分野では、AIは今後もまだしばらくの間は単なる補助ツールでしかない。

(5)AIのアシストは、これまで以上の便利さをもたらす。2019年は、人々は日常生活でかつてなくAIを活用するようになる。たとえば、ビザの注文や旅行の計画、作業の遂行、タクシーの呼び出しなど。おそらく、人間とAIの相互関係に影響を与えるのは(2)だろう。

関連ニュース

AIで警察が犯行前に犯人特定へ

IBMのAIが新世代の香水造りを可能に【動画】

トピック
2018年の話題を総括 (64)
タグ
番付・ランキング, 人工知能, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント