20:08 2019年04月25日
AKB48

人の食行動は個人志向でなくマスコミや有名人が規定 研究者が解明

© AFP 2019 / Yoshikazu Tsuno
テック&サイエンス
短縮 URL
1 0 0

オーストラリアのクイーンズランド大学の研究者らは、人間の食行動に与える大衆文化の影響について調査を実施した。研究者らによれば、何をどう食べたいかを決めるのは食べる本人ではなく、テレビの有名人や料理番組、マスコミの宣伝がこれに代わって決定していることがわかった。

スプートニク日本

食行動の研究を行ったミッシェル・フィリポフ博士は、「今の流行はビーガンで肉食志向ではないという選択はあなたではなく、あなたに代わって有名人や料理番組が決定している。今、スーパーマーケットや利用者を満足させ、店の棚を売り切りにさせているのはこの人たちであって、個人の食の好みではない」と語っている。

フィリポフ博士は、「最近まで、食行動でのどんな選択も、動物の権利のためにたたかうという欲求や自分の健康や環境に対する懸念など、内的動機によって規定されていた。ところが今や、外部によって設定された標準に倣おうとする気持ちがすべてを決める。人々はしばしば、ブロガーや料理番組の司会者アドバイス、テレビのスターや有名人の例、さらにはモバイルアプリやSNSコミュニティの宣伝などに従う」と強調した。

関連ニュース

台湾の市場で、最も美しい魚売りの女性が見つかる【写真・動画】

タイの少年が女性モデルとしてインスタで活躍 両親のため家の建設も【写真】

タグ
健康, 食べ物, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント