06:27 2019年04月20日
太陽大気内部からの初画像を取得

太陽大気内部からの初画像を取得

© 写真: NASA/Naval Research Laboratory/Parker Solar Probe
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70

今年8月に太陽への旅を開始した太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が、既に計画されていた太陽を巡る周回飛行5回のうち、1回目の飛行を完了し、太陽大気の内部空間を撮影したユニークな画像を送信してきた。

スプートニク日本

パーカー・ソーラー・プローブが今回の魅惑的な画像を撮影した位置は、太陽から2700万キロの距離を僅かに超えて離れたところにあるポイント。画像の左部分には、2本の「コロナ流線」が見える。コロナ流線とは、太陽風の作用を受けて長く引き伸ばされた太陽プラズマ放出のこと。遠くの鮮明な染みのような点は水星。

同探査機のミッションは2025年まで続く。複数の機器のユニークな組み合わせを搭載していることにより、研究者らが太陽の秘密の大部分を解明するうえで、同探査機が同年までの期間中に役立つことになる。最高度の信頼性を備える耐熱シールドによって、摂氏およそ1400度の温度の下でさえ、同探査機が機能することが可能になる。

太陽大気内部からの初画像を取得
太陽大気内部からの初画像を取得

 

関連ニュース

天文学者らが太陽系内で最も遠い矮星を発見 【写真】

NASAボイジャー2号 打ち上げから41年目 太陽圏離れ星間空間へ

タグ
びっくり, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント