15:07 2019年10月23日
地球(アーカイブ写真)

中国、「虹雲」プロジェクト初の衛星の打ち上げに成功

© Fotolia / Studio023
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

中国は22日、遠隔地に安定したインターネット接続を提供するために低軌道に衛星ネットワークをつくる「虹雲」プロジェクトの第一号となる衛星を打ち上げた。中国航天科技集団公司(CASC)が発表した。

スプートニク日本

衛星は7時51分(日本時間8時51分)に中国北西部にある酒泉衛星発射センターからロケット「長征11号」を使って打ち上げられた。その後、衛星は所定の軌道に入った。

中国は、インターネットのシグナルが弱い地域あるいは不利な自然条件の地域、また航空機や船舶のインターネット接続を提供するために、2025年までに地球低軌道に156基の小型衛星を投入する計画。

関連ニュース

中国、サイバー攻撃に関する英国の非難はつくり話

日本、2020年に人工の流れ星を発生させる計画

タグ
宇宙, テクノ, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント