13:41 2019年05月21日
みかん

柑橘類の遺伝子変異とユダヤ人の儀式に関連性=学者

© 写真: Olga Filonenko
テック&サイエンス
短縮 URL
0 22

英ノリッチのジョン・インズ・センターの遺伝学者たちは、欧州に甘い柑橘類の植物が誕生したのは、ディアスポラのユダヤ人とユダヤ人の宗教的伝統のおかげであるとの結論に達した研究は、学術雑誌カレントバイオロジーに掲載された。

スプートニク日本

みかん、オレンジ、レモンを含む現代の柑橘類の原産地は、一般的に中国と考えられている。

学者らは、ユダヤ人が秋の収穫祭で義人の象徴としてシトロンの変種「ブッシュカン」を使用していたことを明らかにした。この品種は紀元前6世紀ごろにイエメンから持ち込まれ、地中海地域全土に急速に広がった。

「ブッシュカン」はシトロンの他の変種と交配、あらゆる遺伝子変異が起こり、果物が甘くなったという。

関連ニュース

ストーンヘンジの巨石の運搬方法が解明

イスラエル研究者、古代の指輪にキリスト処刑総督の名を発見

タグ
食べ物, 文化, 歴史, 研究, 科学, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント