06:47 2019年05月20日
E-ELT

99台のガンマ線望遠鏡で暗黒物質とブラックホールの研究 チリで世界最大の複合施設建設へ

© East News / Eyevine
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

チリ政府はヨーロッパ南天天文台(ESO)と共同で、2025年までに99台のガンマ線望遠鏡を有する複合施設を建設する予定。スペインにある19の同様装置と一緒に、プロジェクトは世界最大の地上天文台になる。コロンビアのエル・ティエンポ紙が報じた。

スプートニク日本

この複合施設は、チェレンコフ望遠鏡アレイ・プロジェクトの枠組みで建設される。 ガンマ線望遠鏡は、宇宙線の起源の調査、宇宙線加速の本質や多種多様性、暗黒物質やブラックホールの 研究を可能にする。

このプロジェクトの予算は、2万2700万ドルと推定される。

2017年、チリのアタカマ砂漠で世界最大の超大型望遠鏡(E-ELT)の建設が開始された。太陽系外惑星の研究装置は、2024年までに建設される予定。

関連ニュース

天文学者らが太陽系内で最も遠い矮星を発見

太陽系外惑星を発見してきたケプラー宇宙望遠鏡、任務終了へ

タグ
科学, テクノ, 宇宙, チリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント