06:26 2019年04月20日
ねこ(アーカイブ写真)

子猫のクローニング開始を予定 中国で2019年から

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12

中国では2019年3月、初のクローン子猫が誕生する予定だ。クローン羊のドリーの際に利用されたテクノロジーが将来、ネコや他の動物の大量生産を人工的な条件の下で行うことを可能にすると、グローバル・タイムズ紙が伝えている。

スプートニク日本

子猫のクローニングを手がけているのは、バイオテクノロジー企業「北京希諾谷生物科技(Sinogene)」。同社は既に、人工的に複製された子犬を1匹当たり5万5千ドルで販売している。同社では、クローンペットがオリジナルの記憶や性格を有することはないものの、外見上はオリジナルの正確なコピーになり、自らのお気に入りのペットを失った飼い主に対して感情面での支えとなると主張している。

グローバル・タイムズ紙によると、1匹の犬をクローニングするために、同社は約10カ月を費やしている。同社の副社長は、クローニングが将来、遺伝子の編集によって動物の先天性異常を除去することを可能にすると指摘している。

関連ニュース

ロシアの畜犬部局に国内初のクローン犬が加わる【写真】

サルのクローン、2匹誕生 中国科学院【写真・動画】

タグ
ネコ, 研究, 科学, テクノ, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント