19:00 2019年01月20日
国際リニアコライダー【アーカイブ写真】

日本学術会議が国内でのコライダー建設に反対を表明

© East News / Martial Trezzini/KYSTN/MBER102
テック&サイエンス
短縮 URL
171

日本学術会議は、国際リニアコライダー(ILC)の建設に反対を表明した。NHKが報じた。日本の文科省は北東部の北上山地に、全長20キロメートルで総工費62億ドルの巨大粒子加速器を建設する計画だったが、研究者らはこのプロジェクトは、国が負担するにはあまりに高額で困難であるとの判断を下した 。

スプートニク日本

日本学術会議のメンバーは文部科学省の公式の要請に対し、プロジェクトの科学的重要度は認識するものの、これがその高いコストに値するかどうかについては、合意に至らなかったと回答した。理由はコライダーの総工費はその大部分を建設地となった国が負担しなければならないからだ。

学術会議メンバーは、コライダーの建設をどうするかという最終決定は、追加的に分析を行った後、政府によってなされるべきであると強調した。学者らはこうした一方でコライダーは特別なケースにすぎないことを明らかにした。学術会議のメンバーは、大規模実験施設の建設を伴う高額な国際プロジェクトへの姿勢を、全体的に見直すことを要請した。

コライダー建設の判断は2019年3月までに決定されることとなる。英学術誌『ネイチャー』誌は、来年の主な科学的イベントのリストに、その建設が開始される可能性を列挙している。

関連ニュース

2030年に向け世界でもっとも強力なコライダーを建設 中国

タグ
科学, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント