00:39 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61
でフォローする

月の裏側をさぐる中国の探査機「嫦娥4号」は30日、月面着陸を行うための軌道に入った。中国国家国防科技工業局がメッセンジャー「微信」の公式アカウントを通じて明らかにした。

スプートニク日本

「嫦娥4号」のシステムはすべて通常の体制で機能していることから、専門家らの目下の課題は月面へのソフトランディングに最適の時刻を選ぶことに集約されている。

月の裏側に着陸を行うということはつまり地球と「嫦娥4号」の間に月が入ることになるため、地球から「嫦娥4号」へ直接的な通信が断たれることになる。

このため、シグナル送信には中継機「鵲橋(じゃくきょう)」が使用される。

「鵲橋」は今年7月、月の裏側のハロー軌道上のラグランジュ点に出ることに世界で初めて成功している。

関連ニュース

中国 ジャガイモで月を緑化へ

タグ
テクノ, 科学, 宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント